60歳という還暦を過ぎダイエットをしようとしている母。

60歳という還暦を過ぎダイエットをしようとしている母。
病院でちょっと血圧が高めだからダイエットをしたほうがいいと言われたらしいのです。

でも、この年で急激な心拍数の変化は危険ですので、アグレッシブな運動方法を用いるダイエットは基本的に避けてほしいなぁと思います。

何をするにも億劫みたいなので、出来るだけ手間のかからないものや、やっていて気持ちいいと感じるものを選んでほしいですね。

そう考えるとまずジョギングやいわゆるハードな筋トレは基本的に厳禁。
ダイエット器具などを出したり片付けたりが面倒なものも間違いなく長続きしないと思われます。

一番良いのは、月並みですが、ウォーキングというところでしょうか。
幸い、今までウォーキングをしなかったのが不思議なくらい、遊歩道や大きな公園が家の近くにある環境にあります。

歩いていると景色が変化しますし四季の移ろいも感じられて精神的にもいいですよね。
いつも同じ時間帯でウォーキングしていると顔見知りができウォ-キング仲間ができてくるらしいので、家にこもりがちな母にぴったりではなかろうかと…。

身体への負担もありませんので消費カロリーを減らすのにはベストな選択だと思います。

ダイエットという観点以外にも一般的な健康法にも通じることですが、身体に入れるカロリーを減らす為に朝食を抜くと良いかなー。昔に比べて身体を動かすことが少なくなった現代人にとって1日3食は多すぎると言われています。
うちの母は、3食食べなきゃ体がもたないという信念みたいなものがあって、こうあらねば、というところからどんなときでもしっかり3食食べているんですよね。
まぁ、無理にとは言わないのでまずは、少食とウォーキングという、無理のないダイエット方法を母にすすめてみたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です